リンナイのRUF-A2405SABへの交換工事が12.5万円!名古屋市瑞穂区で後方排気型給湯器の取替

カテゴリー:

名古屋市瑞穂区でリンナイの後方排気型ふろ給湯器の交換工事です。

製造年は不明です。

この機種はもともと都市ガスの「6C」というガス種に対応したものでした。

現在の都市ガスは13Aに統一されているのですが、給湯器に張ってある13Aへの転換済みステッカーをみると1992年となっています。

ガス種転換の時期ですでに27年経っているということになるので、30年以上前に製造された給湯器かもしれませんね。

既設機器:RUF-1605PWB ふろ給湯器 リンナイ製 16号オート 製造年不明

    

新設機器:RUF-A2405SAB(B) ふろ給湯器 リンナイ製 24号オート  

給湯器本体、リモコン(2箇所)、標準工事費、古処分費など全て含めた交換工事一式の価格は125,000円(税込)でした。

これに追加でガス栓の交換5,000円と取付枠の交換5,000円となりました。

10年前や15年前の機種だと取付枠を使いまわして費用を抑えることができるのですが、さすがに既設給湯器が古すぎて寸法が合いませんでした。

後方排気型は給湯器本体の仕入れ価格も高いですし、工事も手間と時間がかかるために高めになってしまいます。

給湯器取替工事前  リンナイ RUF-1605PWB

年式不明ですが恐らく30年以上前の機種です。

名古屋市瑞穂区でリンナイの後方排気型ふろ給湯器RUF-1605PWBの交換工事

リンナイ RUF-A2405SAB(B)への取替工事後

名古屋市瑞穂区でリンナイの後方排気型給湯器RUF-A2405SAB(B)への交換工事

今回は既設給湯器が16号だったものを24号へ能力アップして交換しています。

8号分も能力アップをすると、ほとんどの場合はガスメーターの号数変更をしないといけないのですが、大きめのメーターがついていたのでそのまま給湯器を交換することができました。

ガスメーターの交換は東邦ガスが費用を負担してくれるのでお金はかからないのですが、交換工事は東邦ガスの工事会社が行うので、どうしても何日か待たないといけなくなってしまいます。

後方排気型の給湯器の交換工事

後方排気型給湯器の背面の様子

今回は一番工事が大変な後方排気型の給湯器の交換でした。

上の写真が給湯器の裏側の様子です。

ここはまだスペースも広めで排気筒に断熱材がまいていない状態だったので比較的工事が楽でした。(といっても大変なんですが汗)

後方排気型給湯器の取り外しや取付の際は、まず背面にある排気筒を給湯器から外さないといけないのですが、排気筒にはほとんど遊びがないのでなかなか簡単にはいかないんですよね。

給湯器の下から潜り込んで作業するんですが、電気メーターやら配管やらを外してから狭いスペースに体を潜り込ませて排気筒を脱着します。

海老反り体勢で作業するのでかなりしんどいんですが、なんとか無事工事完了しました。

 

給湯器についてご質問等があればお気軽にお問い合わせください。

今回お取り付けしたのはこちらの給湯器です。
⇒ リンナイ ふろ給湯器RUF-A2405SAB(B)