RUF-A2005SAB(A)への交換工事が11.4万円!名古屋市千種区でリンナイの後方排気給湯器RUF-A2000ABから交換

カテゴリー:

名古屋市千種区でリンナイの追い焚き付き給湯器の交換工事です。

自動湯はりの出来るタイプの給湯器のフルオートタイプからオートタイプへの交換。

製造年は2011年でおよそ8年前となります。

最近の工事の中では結構短めでの交換です。

最近の給湯器は20年近く持つものが多い印象ですが、やっぱり当たり外れがあるのか、たまにこういった10年未満の物の交換があったりします。

でも、短いといっても標準使用年数は10年ですから、そんなに短いわけではないんですけどね。

既設機器:RUF-A2000AB(A) 後方排気型 ふろ給湯器 リンナイ製 20号フルオート 製造年2011年

    

新設機器:RUF-A2005SAB(A) 後方排気型 ふろ給湯器 リンナイ製 20号オート  

今回の給湯器の工事では、既設の器具栓(ガスの元栓)が非常に古いものでかなりの確率でガス漏れを起こすタイプのものだったので、器具栓の交換工事も同時に行っています。

給湯器本体、リモコン(2箇所)、工事費、古処分費など全て含めた交換工事一式の価格は114,000円で、追加ガス工事が5,000円でした。

給湯器取替工事前  RUF-A2000AB(A)

2011年製です。

名古屋市千種区のマンションでリンナイRUF-A2000ABの交換工事

リンナイ RUF-A2005SAB(A)へ取替工事後

名古屋市千種区のマンションでリンナイの後方排気型給湯器RUF-A2005SAB(A)への交換工事

今回の給湯器は後方排気型という排気バリエーションのものです。

この後方排気型というのは排気ガスが給湯器の背面から出るタイプです。

給湯器の背面に排気筒が接続されています。

どうやって後方の排気筒を外したりはめたりするのか?

ずばり「潜る」んです。

どこから潜るのかと言うと、それは給湯器の下から。

でも、写真を見てもらうとおわかりの通り潜るスペースなんてないんですよね。

なので、潜るにはまず給湯器の下にある電気メーターやら配管やらを全部取っ払わないといけないわけです。

最近、正直屋などの給湯器販売会社がテレビCMをかなり流していますが、あそこはこういった手間のかかる工事はみんな断っているんですよね。

簡単な工事だけかっさらっていきます泣

結果的にこういった大変な工事が当店に回ってきてよくご依頼頂いているんですが、手間のかかる給湯器交換の割合が高くなった気がします。

ご依頼いただくのはとてもありがたいことなんですが、簡単な工事だけ抜かれてしまっているようで・・・。すみません恨み節みたいになってしまいましたね笑

通常は写真を送っていただくだけで工事のお見積りをお出していますが、後方排気型と上方排気型だけは現地調査をしないとお見積りがお出しできません。

しっかりした工事がモットーです。
お気軽にお問い合わせください。

今回お取り付けしたのはこちらの給湯器です。
⇒ リンナイ 後方排気型ふろ給湯器RUF-A2005SAB(A)