標準工事の範囲と追加工事

Subtitle

標準工事の範囲と追加工事

標準工事の範囲

[給湯器の標準工事の範囲]
当店の標準工事とは、既設の機器が設置されている場所に同じタイプのものを同じ配管で取替える工事をいいます。
たとえば、壁掛けタイプから壁掛けタイプ、据え置きタイプから据え置きタイプといった具合です。
 
給水配管・給湯配管・ガス配管・追い焚き配管・リモコンコードは、既設のものを使用します。
配管の保温は当店持参の保温材での工事が含まれます。保温材巻きは給水・給湯配管で各50cm程度までとなります。
リモコンは台所用と浴室用の2つの取替が標準工事に含まれますが、1つのみでいい場合やリモコン取付がない場合でも値引きはありません。
標準工事

追加工事が必要となるもの

[PS(パイプシャフト)内設置の取付枠]
マンションなどによくあるPS(パイプシャフト)内に設置されている給湯器には、多くの場合、給湯器取付用の専用取付枠が使用されています。
同メーカーの同タイプの給湯器への取替えの場合は、既設給湯器に使用されている取付枠をそのまま使用できる場合が多いです。
他メーカーへの取替えや、違うタイプの給湯器への取替えの場合は、新設機種に対応した専用取付枠が別途必要になります。
専用取付枠が必要な場合は、取付枠代と取り付け工事費が別途追加となります。

[ガス栓の交換]
ガス栓は、種類によって古くなると動かすことでガス漏れを生じやすいものがあります。
当店で把握している種類のガス栓については交換をお願いすることがあります。
ガス栓交換は3,500円(税込)の追加となります。

[配管カバーの取付]
給湯器本体下の配管カバーはオプション品となり、標準工事には含まれないので別途料金が発生します。
同型番対応機種以外は、既設のものを新規設置する給湯器に取付することはできません。

[追い焚き配管工事]
追い焚き配管は、給湯器の接続部につなぎ直すだけで使用可能なものまでが標準工事となります。
浴槽に2つ穴が開いているものから1つ穴への変更などは、循環金具等の部材代と追い焚き配管工事代が別途必要となります。
1つ穴の循環金具でも、古いタイプのもの(往きと戻りの極性があるもの)だと浴槽にお湯を張るのが極端に遅いので、新しいものに取り換えたほうがいい場合があります。

[本体取り付け位置の大幅な変更]
本体の取付は原則同じ位置への取付となります。
配管を基準に位置が決まる為、既設位置から若干のズレが生じる場合があります。
お客様のご希望の取付位置に変更する場合は、別途費用が必要になります。

[リモコンの新規取り付けや位置替え]
今までなかったところにリモコンを取り付ける場合は、配線工事や穴あけ工事などが別途必要になります。
位置替えの場合も同様で、配線の延長距離などによって金額が変わります。

[エコジョーズ(潜熱回収型)のドレン工事]
従来型からエコジョーズに取替される場合はドレン配管の工事が別途必要になります。
配管の長さや穴あけ・配管固定の有無によって費用が異なります。
2メートルまで3,000円 2メートルを超える場合は1メートル毎に2,000円の追加となります。

[排気筒や上向き・横向き排気部材の取付]
排気筒の接続が必要な場合や、排気の方向を変えるための部材を取付ける場合は、部材代や工事代が別途必要となります。

[設置位置による追加]
給湯器を設置する位置へは、機器や工具箱などを立った状態で歩いて移動できることを標準とします。
脚立を使用しなければいけない場合、塀や柵などの障害物を乗り越えなければたどり着けない場合や、小窓などを通らなければならない場合は、別途料金が必要となります。
柵などの障害物が邪魔になる場合は一時取外しの費用が掛かる場合があります。




[ビルトインコンロの標準工事の範囲]
ガス管接続工事に関しては、フレキ管用ガス栓の再接続、もしくは器具用ガス栓の出口からコンロのガス接続口までが20㎝までのものの再接続を標準とします。
鉄管接続をフレキ管接続に変更する必要がある場合は、3,500円の追加となります。
収納奥に点検口兼作業用の開口が必要な場合は、フレキ管接続工事と開口工事で合わせて5,000円の追加となります。
 
[フィラー]
既設コンロと新規に取り付けるコンロの高さが違う場合、本体と下の収納庫の間に隙間ができてしまう事があります。
この隙間を埋める為のフィラーと呼ばれる部材を取り付ける必要がある場合は、部品代のみ別途必要となります。
工事当日にフィラーが必要なことが判明した場合は、後日再訪問での取付となり、別途出張工事費5,000円と遠方加算費(対象地域のみ)が必要となります。
 
[オーブンとの接続]
コンロの下にオーブンが設置されている場合は、別途オーブン接続キットが必要です。
オーブンとの接続工事代は標準工事に含むみます。
※コンロとオーブンの製造メーカーは同じでなければ接続できません。
 
[100Vコンセントの設置]
乾電池式のコンロから100V電源が必要なコンロに取り換える場合は、コンセントの増設が必要になります。
原則コンロ設置位置から2m以内にコンセントなど電源を取り出せるところがある場合、9,000円の加算となります。
 
[TOTO製の特殊コンロからの取替え]
TOTO製のスーパーコンロ、フラットコンロから取替をする際は、そのまま取り換えることが出来ない為、別途天板のアダプターと下部フィラーが必要となります。
 
 
 
[瞬間湯沸かし器の追加工事について]
小型瞬間湯沸器(5号)の取付に際して、以下のような場合には追加工事(費用)が必要となります。

  • 強化ガスホースの長さが50センチを超える場合。その超える長さ10センチ毎に500円加算。
  • 湯・水用フレキ管の長さが50センチを超える場合。その超える長さ10センチ毎に500円加算。
    既設管がある場合は原則既設材料を使用し価格は変わりません。
  • ガス可とう管コック(湯沸器用のガス元栓のこと)の取付が必要な場合。3,500円加算。
  • 古いタイプの元栓(例えば蝶コックと呼ばれるもの)で取り換えが必要なもの。3,500円加算。
  • 湯沸器用の分岐水栓の取付が必要な場合。3,500円加算。
  • 本体の設置場所がガスコンロの真上で「防熱カバー」の取付が必要な場合。取付代2,000円加算
  • 本体を取り付ける背板の取付けが必要な場合。90センチまで1,500円、1.2メートルまで2,500円加算。
TO TOP